社長メッセージ

社長メッセージ

進化する会社

[不易流行]
「変化が大きい今の時代において、変わるものがあっても
変わることのないものの本質を見極めることはとても大事なことと考えます」

(株)河内屋は、創業60年を超える飲食店様専門の酒屋です。 その間、幾多の進化を遂げながら、お陰さまで今では年間売上200億円を超える業界トップクラスの酒屋に成長しています。とりわけ、業界を取り巻く激しい環境の変化に適応する為に、90年代から物流網の整備を始め、現在では子会社による「共同物流」を展開しながら、独自の進化を遂げています。

この物流網を土台に、徹底した飲食店様第一主義を貫き、飲食店様の声を積極的にサービスに取り入れ、経営理念の一つである「お客様に感謝し大事にする」を実践しております。

成長の過程を通じて、環境の変化に応じて常に進化する会社の体質を創り上げてきたと自負しています。今後ともこの体質を堅持し、変化する外食文化を支えていきたいと思います。

また、もう一つの「仲間を思いやり協力しあう」という経営理念を実践し、社員のみならず私達を支えてくれる皆様との絆も大切にできる会社創りに更に取り組んで行きたいと思います。

代表取締役 隈部康彦

経営理念

河内屋のこころ

お客様に感謝し大事にする
仲間を思いやり協力しあう

河内屋のビジョン

私達は「飲食は文化」だと考えています。
激しい環境の変化を勝ち抜く飲食店様をサポートしながら、「飲食文化」創りの一翼を担いたいと考えています。
私達は、飲食店様専門の酒屋として進化し続けていきたいと考えています。


河内屋のこれから

私達は、これからも「飲食文化」が進化し、発展していくことを切に望んでいます。
そして、私達も、今までの枠に拘ることなく「飲食文化」創りの一翼を担う為に、あらゆることに挑戦し続けたいと考えています。
オリックス社との資本業務提携も更なる成長への一歩と考えており、飲食店様へのサービスの質の向上を図ることを最優先しながら、新しい成長の芽を育てて行きたいと考えています。
その過程で「株式公開」も視野に入れて行きたいと考えています。
私達は、「河内屋のこころ」を全員が心に刻みながら、進化し続ける河内屋を創り上げて行きます。